フロントラインとフロントラインプラスの効果の違い

フロントラインとフロントラインプラスの効果の違いが分かりますか?

 
フロントライン フロントライン フロントライン フロントライン

 

 

犬猫のノミダニ予防薬として有名なメリアル社のフロントライン。

 

フロントラインを処方している動物病院も相当数なのではないでしょうか。

 

スプレータイプのフロントラインスプレーも100mlタイプと250mlタイプの2つがあります。

 

 

フロントラインは楽天やヤフー、アマゾン、個人輸入でも買うことができますが、
フロントラインのジェネリック薬のアスピスは個人輸入でしか買えません。
が、アスピスは生産終了となったので買うことができなくなりました。

 

もう一つのジェネリック薬であるマイフリーガードは国産のノミダニ薬なので、
購入する場合は動物病院で処方してもらうか、楽天、ヤフー、アマゾンを利用することになります。

 

 

フロントラインを通販で購入する場合、楽天かヤフーで買う方が安いのですが
どちらかというと、楽天で買う方が安い場合が多いですね。

 

 

先述したように、フロントラインはノミダニ薬で有名なブランド品なので
管理人は他のメーカー品やフロントラインの後発品と比較するときの基準としています。

 

 

フロントラインとフロントラインプラスの違いは有効成分の一つである
S-メトプレン ; S-Methoprene が入っているかどうかです。

 

フロントラインの有効成分はフィプロニル ; Fipronil だけですのでノミとマダニの駆除となります。

 

フロントラインプラスノミとマダニの駆除だけでなく、
ノミの卵の発育を阻止することでノミの寄生を予防する効果もあります。

 

 

フロントラインの成分が皮脂に溶けて拡散しながら皮脂腺に蓄えられますから、
寄生しているノミなら12〜18時間以内に、マダニなら48時間以内にほぼ100%駆除できます。

 

この効果は、犬のノミなら約2ヵ月間、マダニには約1ヵ月間、
猫のノミでは約1ヵ月間効果が持続します。

 

フロントラインスポットオン小型犬用

 

フロントラインスポットオン小型犬用

適応体重 : 〜10kg

 

有効成分 : Fipronil(フィプロニル) 100g/L

 

内容量 : 0.67ml ×3本

 

メーカー小売価格 : 5200円

 

販売価格 : 3,599円
                               1本あたりの値段 : 1,199円

 

 

フロントラインとフロントラインプラスの効果の違い

 

 

 

 

フロントラインスポットオン中型犬用

 

フロントラインスポットオン中型犬用

適応体重 : 10kg〜20kg

 

有効成分 : Fipronil(フィプロニル) 100g/L

 

内容量 : 1.34 ml×3本

 

メーカー小売価格 : 5980円

 

販売価格 : 3,750円
                               1本あたりの値段 : 1,250円

 

 

フロントラインとフロントラインプラスの効果の違い

 

 

 

 

フロントラインスポットオン大型犬用

 

フロントラインスポットオン大型犬用

適応体重 : 20kg〜40kg

 

有効成分 : Fipronil(フィプロニル) 100g/L

 

内容量 : 2.68 ml×3本

 

メーカー小売価格 : 6499円

 

販売価格 : 3,950円
                               1本あたりの値段 : 1,316円

 

 

フロントラインとフロントラインプラスの効果の違い

 

 

 

フロントラインスポットオン猫用

 

フロントラインスポットオン猫用

適応体重 : 生後12週齢〜

 

有効成分 : Fipronil(フィプロニル) 100g/L

 

内容量 : 0.5ml×3本

 

メーカー小売価格 : 4800円

 

販売価格 : 3,599円
                               1本あたりの値段 : 1,199円

 

 

フロントラインとフロントラインプラスの効果の違い